SELL任意売却

VOLUNTARY SALE任意売却

任意売却とは

住宅ローンの支払いが困難になった場合や債権者からの申し立てにより所有している不動産が競売になってしまう所を
「競売にかけず債権者の合意を得て売却する」
ことを言います。

住宅など不動産を購入するさいに、ほとんどの人は住宅ローンなどのお金を金融機関から借り、金融機関は融資の担保として、
購入した不動産に抵当権を設定しますが、この不動産を売るときには抵当権を解除(登記を抹消)します。
抵当権を解除する為には、融資金の残額を全て返済することが前提です。

住宅ローンの残高よりも高く売れれば何ら問題ありませんが、残高を下回る金額でしか売れない時には全額返済出来ません。

このようなときに、金融機関など(債権者、抵当権者)の合意を得たうえで不動産を売り、返済しきれなかった債務を残したままで抵当権を解除します。

これが任意売却です。

任意売却ではご相談者様の費用負担はございません。

任意売却は不動産業者の業務として行いますから、売買契約の成約に伴い成功報酬として仲介手数料が必要となりますが、
取り急ぎ費用をご準備頂く必要はございません。 (弊社で買い取りさせて頂く場合は仲介手数料は発生しません。)

この仲介手数料も債権者が受け取る売買代金のなかから相殺されますので所有者様からの持ち出し費用負担が必要になることはありません。
これ以外の手数料や報酬などの費用を所有者様に請求することもありません。

またマンションの場合、所有様が滞納したマンションの管理費や修繕積立金などについても原則して債権者より売買代金の中から支払われますので、新たに費用負担を求められることはありません。

ただし、管理費や修繕積立金の滞納額が大きい場合やその他の債務などにより取り扱いが変わることもあります。
また「税金の滞納分」については管轄する役所により取り扱いが異なることもあります。

現時点で残債額が売却可能額よりかなり上回る場合、住宅ローン以外の借入が多く残っている。
その他、固定資産税・管理費などの滞納の件や住宅が古い、室内がとても散らかっている等で相談しづらいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、お気になさらず何でもご相談下さい。

任意売却は時間と勝負です。少しでも「早い対応」をお勧め致します。

任意売却を
すすめるには・・・

主に3つの方法がございます。

  1. 一般に売却する。
    中古不動産として一般エンドユーザーに向けて販売活動を行い買っていただく方法です。
    時間に制限がありますが、競売開始までに間に合う場合もございますので是非、ご相談ください。売却後の転居先、引越し、ごみ処分なども
    ご相談ください。
  2. 買戻しをする。
    今回、申競売を申し立てられた方の親族やご家族・ご友人の方に買い手になっていただき、その買い手にローンを返済していく形で、一旦売却した家を買戻していく方法です。
    一般的には親族間での売買は住宅ローンは難しいとされていますが金融機関によっては受け付けてくれるところもございますので
    是非、ご相談ください。
  3. リースバックプラン
    弊社・弊社の協力会社・投資家に一度売却し、売却後はソース契約をして、そのまま今までと同様に住み続けられる方法です。
    この場合ですと将来的に買い戻す事もご検討頂けますし引越しなどの手間、費用もかかりません。

任意売却と競売の違い

任意売却のメリット

  1. 「高値で売却可能」
    通常の不動産売買なので、市場価格(相場)に近い価格で売ることができます。その分、残債務が減らせ、ゼロになるケースもあります。
  2. 「プライバシー保護」
    通常の不動産売買と同じなので、ご近所に事情を知られることをおさえることもできます。
  3. 「引越し代が残る」
    債権者との交渉により、資金を残すことができます。また、引越しの時期も考慮してもらえます。
  4. 「住みながら解決」
    身内などの協力により、引越しせずに、そのまま解決することも可能です。
  5. 「競売申し立て費用の返金」
    競売を取り下げることにより債務者もしくは所有者に取り下げ時期により金額は変わりますが返金されます。
  6. 「所有者の意思で売却できる」
    強制的に立ち退きされるのではなく所有者、債務者、購入者、不動産業者、関係者と相談しながら解決していきます。
  7. 「住み続けることも可能」
    身内や知人や投資家に購入してもらい住み続けることができます。

競売のデメリット

  1. 「精神的苦痛」
    競売によって今後どうなるのか分からない不安が高まる。
  2. 「安値で売却される」
    転売目的の不動産業者が競売に参加するため市場価格(相場)よりもかなり低い価格で入札されます。 (市場価格の 60%から 70%程度)当然、多くの債務が残ります。
  3. 「情報が守れない」
    競売情報のチラシやインターネット等でご近所に知られてしまったり競売情報を隠しておくことができません。 (事件番号・最低売却金額・写真などが掲載されます)
  4. 「資金が残らない」
    法の定めにより所有者の引っ越し費用や生活資金等は1円たりとも残してもらえず引越し費用すら捻出できません。
  5. 「直ちに立ち退き」
    顔も知らない第三者が入札するので、直ちに立ち退きを要求されます。又第三者の購入者から、明け渡しにかかる費用の請求も要求されます。

任意売却と競売の違い

任意売却と競売の流れ

任意売却と競売の流れ

最後に

今回、競売開始を受けた方、色々な理由があると思います。
不安な事や解決しないといけない事、色々な問題、お悩みを抱えておられると思います。

このままにしておくと今の住まいだけでなく平穏な生活まで無くしてしまうかもしれません。

任意売却では、そういった問題を早期に解決し今までと同じように生活していただくことを第一に考えます。

まずはお気軽に弊社へご相談ください。
必ず何かのお役には立てると思います。

ご相談・ご依頼は、お気軽にお問い合わせください。